税の種類別「税金対策」

>

相続税は早めの対策を

相続税の税金対策

消費税や所得税に比べ、個人にとって桁違いの課税となる可能性があるのは相続税でしょう。
相続税の対策をする必要がある人、つまり親の財産が一定額以上ある人は早めに対策を始めることをお奨めします。
年間110万円以内の生前贈与は贈与税がかかりませんので、毎年110万円ずつ贈与を繰り返せば大きな節税になります。
その際、贈与契約書を残し、税務署に対して証明しやすいように整えておくことが大切です。
2億円以上財産がある場合、相続人の人数によっては110万円を超える贈与で贈与税を支払っても、税率の高い相続税より納税額を抑えられます。
必要であれば税理士などプロに相談し、相続税の課税対象財産と税率、贈与税の税額を比較検討して対処しましょう。

生命保険を活用する

相続税の税金対策には生命保険も活用できます。
死亡保険金は相続人一人あたり500万円まで相続税の対象外になりますので、被相続人の生命保険の受取人を子や孫にした場合、500万円かける相続人の人数の合計額分の節税になります。
さらに被相続人を生命保険の加入者とする加入の場合、死亡保険金に対しては所得税は発生しませんので、保険料を被相続人からの贈与分で支払えば、相続税と所得税を両方とも削減することが可能になります。
ただし生命保険の「加入者」「被保険者」「保険金受取人」を適切な形で加入することが必要となり、「相続財産」「相続税」「贈与税」「所得税」すべてを見通した上で活用することが必要となるため、税理士や弁護士などプロと相談しながら進めることをお奨めします。


TOPへ戻る